緑豊かな世界
当社は、地球環境をいたわり、健康的で緑豊かな世界づくりに貢献しています。
 

 

社会・環境活動 > 最新ニュースと受賞
 
July 29th, 2013

Pegatron Press Release

When we started Pegatron five years ago, we had a vision of being a leader in innovative manufacturing and of creating jobs that provide good wages and opportunities to enrich the lives of those who joined our company. We strive to make each day at Pegatron better than the last for our employees. They are the heart of our business. That's why we take these allegations very seriously. We will investigate them fully and take immediate actions to correct any violations to Chinese labor laws and our own code of conduct. In addition to working closely with our customers in meeting their codes of conduct, Pegatron sets very high standards for ourselves with our own dedicated team that audits and investigates issues. In the last two years, we established multiple channels for our employees to directly communicate their needs, issues and aspiration with the company. In addition, Pegatron helps create the educational programs including parenting seminars for pregnant workers, management courses, and accredited higher education classes. Apart from our continuous effort to enhance employees’ skill set, Pegatron also endeavors to improve working environment and facilities for our employees. We know that Pegatron can only be successful with a happy and healthy workforce and will work hard to ensure that we all achieve success together.

 

President and Chief Executive Officer of Pegatron Corporation
Jason Cheng


Download Pegatron Press Release PDF
 
January 19th, 2009

エネルギー使用製品に対するエコデザイン要求事項に関する指令 2005/32/EC
エネルギー使用製品に対するエコデザイン要求事項に関する指令 2005/32/ECは2005年7月に出版され、2005年8月11日に施行されました。この指令では、エネルギー使用製品に対するエコデザイン要求事項の規定と、製品・サービスを市場に提供するために実行する必要のある実施措置が記載されています。これは、エネルギーの節約と環境保護の強化により持続可能な開発に貢献し、同時にエネルギー供給源の安全性を向上するものです。この規制の第1段階では、コンピューターを含め、14製品ロットのエネルギー使用製品が該当します。Lot3: コンピューターの実施措置は、2008年の末または2009年の年頭に投票で決定される予定です。現在、27カ国のEU加盟国中18カ国がEuP 指令法案を可決し、処罰や罰金を発表しました。
 
June 30th, 2008

ECHA: 関連団体によりコメントされるべき付属書XVレポートの高懸念物質
認可プロセスの枠組みの中で、欧州化学物質庁(ECHA)は、欧州委員会の要請に基づき、高懸念物質(SVHC)を特定する付属書XV書類の準備を行います。加盟国又は欧州化学物質庁が準備した付属書XVレポートは、関心ある団体に知らせるために、以下の表に記載されています。関連団体は、この発表から45日以内に高懸念物質の特定に関する科学的コメント、被ばく、代替物質、リスクに関するその他の情報を欧州化学物質庁に送ることができます。上記のコメントは英語でお送り頂くと、評価プロセスが円滑に進むと思われます。
 
June 30th, 2008

ペガトロン、EICCに正式加盟
ペガトロン、EICCに正式に加盟
持続可能な開発および企業の社会的責任の重要性を理解し、ペガトロンは、2008年7月から電子産業市民連合(EICC)の正式メンバーとなりました。ペガトロンは、他のEICCメンバーと提携し、これまでの実績を共有して株主との密接なコミュニケーションを確立することを期待しています。ペガトロンの企業責任に関する詳細は、社会・環境責任をクリックしてください。
 
June 27th, 2008

ペガトロンがハロゲンフリー規格SPT-00002を発表
ペガトロンがハロゲンフリー規格SPT-00002を発表
この仕様書では、「ハロゲンフリー」の材料、部品、および/またはPUre Green 管理システム(以下PUreGMS)の製品に関する要件を記載しています。詳細な基準は、以下の通りです。
物質 最大許容濃度(MCV)
臭素 900 ppm (0.09 wt%)
塩素 900 ppm (0.09 wt%)
臭素と塩素の合計 1500 ppm (0.15 wt%)
測定要件:
IC (鉄クロマトグラフィー) EN 14582:2007、EN50267-2-1:1999 、またはUS EPA SW-846 5050 手法を使用して測定を実行すること
注:EN 14582:2007 付属A手法は推奨されない。
 
 
©Pegatron corp. All rights reserved.