緑豊かな世界
当社は、地球環境をいたわり、健康的で緑豊かな世界づくりに貢献しています。
 

 

社会・環境活動 > 企業の社会的責任 > 環境への功績 > 材料
 
材料
すべてのペガトロンの工場では、原材料の包装材の回収を行い、サプライヤーが再利用できるように返却しています。

欧州連合のRoHS(特定有害物質使用制限指令)およびWEEE(廃電気・電子機器指令)などの国際ガイドラインや基準に準拠して、ペガトロンでは「PureGMS HSF 技術水準-SPT-00001」を制定し、使用禁止物質を明確に定義しました。また、PureGMS 技術水準では、(使用禁止)物質の使用を段階的に削減する計画や予定表、ならびに規制免除対象についても特定しています。この技術水準は、以下の3つの原則にもとづいています:
a) PureGMS 製品への規制物質の使用を防止する
b) 国内・海外の法規制に準拠する
c) 地球環境を保護し、生態系システムへの影響を低減する
有害物質、製品、包装材に関する詳細は、してください。環境設計を参照してください。
 
有害化学物質の管理
当社の業務に使用されている主な化学物質は、はんだペースト、溶接ワイヤー、溶接棒、IPA、およびアルコールです。ペガトロンでは、このような化学物質が環境や社員に害のない方法で使用されるように、化学物質の取扱プロセスを策定しました。化学物質はすべて、化学物質安全性データシート(MSDS)の情報にそって保管と処理が行われます。

ペガトロン製品に使用されている有害化学物質は、国際的な環境制約条件に沿って、ペガトロンの実験室で分析されます。制限および禁止された有害化学物質はすべて制御されます。原材料の購入は、部品認可プロセスと材料の受入品質管理を通して実行されます。有害物質を取り扱う社員は、適切な研修コースを受講しており、関連試験に合格しています。適切な有害化学物質管理手順とあわせて、緊急事態対応計画および関連手順の策定と実施が行われています。

*注:規制有害化学物質に関する詳細は、有害物質管理 を参照してください。
 
将来の目標
環境保護要件に適合する新しい包装材を開発することが、当社の最優先事項です。また、当社では、環境要件に適合する包装量の達成に取り組んでいます。今後も、より厳格な廃棄削減目標の達成に取り組んでまいります。
 
©Pegatron corp. All rights reserved.